持病があっても入れる保険があるから、みんな笑顔

電話で相談

悩み中

保険代理店に相談

生命保険や医療保険、ガン保険などの特定の病気に特化したものには、保険会社が出している「保険商品」となっています。
その中から、人はひとつの会社を選び、ひとつの商品を選んで加入し、「もしものときの備え」とするのです。

そして代理店が、さまざまな会社の商品を加入者に届けるべく、その「仲介役」を果たします。
代理店は、加入しようと思って相談に訪れる人たちのために、さまざまな商品を比べ、最適と思われるものを、最適と思われるプランで提供してくれるのです。
代理店は特定の会社の商品を薦めることがない、完全に第三者的な立場として、客観的に見て、いいものを紹介してくれます。
持病があっても入れる引受基準緩和型のものに関しても、同じように、代理店を通して見て、選んで、加入することが出来るようになっているのです。

無料相談を利用

「持病があるから、入れるかどうか分からない」とか、「持病を理由に昔、加入を認められなかったことがある」とかいうことで迷っている人は、まず最初の第一歩として、代理店への「相談」をしてみると良いでしょう。
代理店はこの商品に関する専門的な知識を持ち、それをもとに、相談に訪れる個々人の状況などを聞き、入れるかどうか判断してくれます。
そして、持病があっても入れる保険のうち、最もその人に適していると思われるものをチョイスして、「これはどうでしょう」と言ってくれるわけです。

代理店の店頭でも、予約の上で行くと無料相談を受け付けてくれますし、最近では電話相談も行われています。気軽にダイヤルして、聞いてみてください。