持病があっても入れる保険があるから、みんな笑顔

資料請求の方法

話しを聞く

資料をもらう

「保険に入れるかどうか考える」と、言うのは簡単ですが、実際にやるのはそう簡単なことではありません。
特に、持病などがあって普通の人よりは入れる保険が限られるという人には、なかなか難しい話。
だからこそ、無料相談を引き受けてくれて、持病の週類や程度から入れる保険を紹介してくれたり、細かなやり方を教えてくれたりする代理店とかファイナンシャルプランナーとかと呼ばれている人たちがいるわけです。

ただ、彼らに相談して、持病と保険の関係について、「どうすれば入れるのか」について知ることも大切ですが、自分でリサーチするということも大切です。
代理店やファイナンシャルプランナーの人々に聞きつつ、自分でも、どの会社の保険がいいか考えるという機会があれば、さらに充実した選択が出来るでしょう。

一括で請求

持病があっても入れる保険について、または普通の保険について、それらを出している保険会社は「資料」をつくり、請求に応じて送ってくれることになっています。
私たちは知りたい情報を、そういうふうにして知ることが出来るわけですが、さまざまな商品を自分で見比べたいというときには、それぞれの会社の資料を一括して、請求することが出来ます。

インターネット上にある一括請求サイトを利用すると、それは簡単にすることが出来ます。
サイト内で「引受基準緩和型」を選択し、「生命保険」を選択して申し込みフォームから送信すると、基準緩和型生命保険の資料が、まとめて送られてくるという仕組みになっているのです。