持病があっても入れる保険があるから、みんな笑顔

FPの仕事

腕組み

プランナーたち

持病があっても入れる保険について、持病を持っている人たちの相談を受けて親身になって聞いてくれて、専門的な話を分かりやすくかみくだいて説明してくれる保険代理店のスタッフ。
実はこのスタッフ、単なる代理店スタッフではありません。ファイナンシャルプランナーという特別な資格を持っている、いわば「保険のプロ」というべき存在なのです。

「持病があるのですが、入れるのでしょうか?」という相談に対して、どんな持病なのか、何の保険を求めているのかということについてカウンセリングをすると、彼らはすぐに「入れる保険」を提案してくれます。
そして、どのようなプランを選び、どのようにして加入し、細かい手続きをすればいいのか、教えてくれるのです。

「お金と生活」のプロ

ファイナンシャルプランナーは、単なる「保険のプロ」ではありません。
彼らは、保険に加入したいということで訪れる人を相手に、入れる保険について説明してくれるばかりではないのです。
ファイナンシャルプランナーのみなさんはさまざまな場所にいて、私たちの「お金と生活」について的確なアドバイスや提案をしてくれるというプロフェッショナルなのです。

保険の他にも、私たちの生活とお金が密接に関わりあう場面はあります。たとえば、投資をしてみたり、納税をしてみたり、住宅ローンを払ってみたり、遺産を相続してみたり……。
それらの機会に、法律や制度やここのやり方に疎い私たちに、専門的な知識や技術についてアドバイスをくれるのが、ファイナンシャルプランナーのみなさんなのです。