持病があっても入れる保険があるから、みんな笑顔

女性のための保険

相談

特有の病気

女性が大変なのは、この世に女性しか罹らない病気というものがあるからで、その分男性よりも「持病のために保険に入れない」というケースが多いからです。
もちろん、男性にだって男性特有の病気がありますが、女性の場合には特に重めの病気が多いので、余計に状況はシリアスなのです。その持病のせいで何の保険にも入れなくて、難儀しているという人は多かったのです。

そう、「多かった」と書いたことからも分かるように、今この瞬間、女性特有の持病に悩んでいる人でも入れる保険は、たくさんあります。
そういう保険を提供してくれる会社がたくさんあり、相談すれば提案してくれる代理店もすぐに見つけることが出来るからです。

若い女性のために

20代から40代という若い年代の女性たちが抱えやすい持病というものがあり、旧来はそれが原因で加入を断られていた保険があり、現在ではその状況は一新されて、かなり多くの女性が入れるということになっています。
ここで言う女性特有の病気とは、たとえば子宮系の病気が挙げられます。

子宮筋腫や子宮内膜症といった病気は、若い頃に罹りやすく、医療保険や生命保険の加入をしようとしたときにはすでに持病として抱えていたというケースが多いのです。
引受基準が緩和される前は、「そういう事情でしたら、うちはちょっと……」というところばかりだったのですが、今は入れるようになっています。
安心して、保険に入れる、医療の恩恵を受けられる時代が来たのです。