持病があっても入れる保険があるから、みんな笑顔

ピックアップ

考え事

基準の緩和

持病があっても入れる保険は、「引受基準」を従来よりもゆるめたことにより、今まで難しかったところを簡単にすることが出来たものです。どのような基準が、どのように緩和されたのでしょうか。

詳細を読む

悩み中

電話で相談

「持病があって、保険に入れるかどうか分からない」そんな人は、まずは電話相談を受け付けている「代理店」に電話をしましょう。そこから、道を開いていくことが出来ます。

詳細を読む

相談

女性のための保険

女性特有の持病に対応した、「入れる保険」があります。病気に立ち向かうすべての女性たちのために、さまざまなサポートを行い、健康的な生活をおくることが出来るよう、支えています。

詳細を読む

腕組み

FPの仕事

持病があっても入れる保険について、相談を受け付けてくれるのは通称「FP」と呼ばれるファイナンシャルプランナーの皆さん。彼らは保険のプロとして、あなたの相談にのってくれるのです。

詳細を読む

引受基準緩和型

頭を抱える女性

みんなに保険を

誰もが笑顔で暮らせる社会。同じように、みんなが受け取るべきものを受け取ることが出来る社会。
そんな社会の実現のための大いなる一歩は、保険業界が踏み出した「引受基準の緩和」というところにありました。
ふだん、平和に暮らしている中ではほとんどその存在を意識することもないであろう生命保険などの「保険」、しかしひとたび急を要する事態が起きると、その存在感が大きなものになります。
それに加入しているか、いないかということが、その後の人生に大きな影響をもたらすことになるのです。

だからこそ、多くの人が生命保険を始め、生活をサポートしてくれるさまざまなものに加入しているわけですが、人によってはそれが難しいという側面もありました。

持病と保険

「引受基準の緩和」が行われる以前は、当然ながら引受基準は緩和されない状態であり、そのままだと、基準に満たない、そこまで手が届かないという人がいたのです。
彼らは、基準を満たしていないがゆえに加入をすることが出来ず、急なことが起きたときには充分な対応をすることが難しい状態でした。
その人たちというのは、何らかの持病を持っていた人たちのこと。基準が緩和される前は、持っている持病によっては保険に加入するのに必要なレベルまで届かないということがあったわけです。
これでは、上に書いたような「誰もが笑顔で暮らせる社会」というのはまさに絵に描いた餅にも等しいものとなってしまいます……。

引受基準の緩和は、まさにその状況に風穴をあけるために行われたものだったのです。

資料請求の方法

「持病があって、入れる保険を探している」そんな人のために用意された資料を、請求することで届けてもらうことが出来ます。さまざまな保険を見比べて、最適なものを選びましょう。

詳細を読む

無選択型の登場

「引受基準緩和型」に続いて、「無選択型」というタイプの保険も登場しました。持病があっても入れる保険は、さらに間口を広げ、あらゆる人々を対象としたサポートを行おうとしています。

詳細を読む

↑ PAGE TOP